豊中市緑丘の小児科。予防接種、乳児健診等。 千里中央駅阪急バス3番乗り場より「豊中」行きに乗車(約10分)し、「緑丘」下車すぐ。

ふじかわきっず通信

第20回日本外来小児科学会(福岡)に参加して

今年も、スタッフ6人とともに日本外来小児科学会に参加してきました。小児科医(主として開業医)、小児科外来に関わる看護師・医療事務・保育士・薬剤師等の約2000人に福岡に集まりました。今回、私が参加した「小児中耳炎診療マニュアル改訂」を中心に学会記を紹介します。


ワークショップ:「小児科医のための中耳炎診療マニュアル2010を作成しませんか」

国内に中耳炎についての明確な定義、診断分類がないなかで、1999年日本外来小児科学会で「小児科医のための中耳炎診療マニュアル」が検討され、2000年に発表されました。遅れること6年(2006年)、日本耳科学会(耳鼻科の先生方の学会)は「小児急性中耳炎の診療ガイドライン」が発表され、両科の中耳炎に対する診療の差異が明確化されました。従来、日本の医学教育に「鼓膜を診る」という診療はないがしろにされ、耳鼻咽喉科の先生方のみが専門的に診られてこられましたが、1990年代以降、他科(主として小児科)の医師でも比較的簡単に鼓膜を観察できる診察ツールが導入され、感染症としての中耳炎に注目する小児科医達が、診察の一部として鼓膜を診るようになりました。また、中耳炎の原因についても、細菌学的検査はもちろん、ウイルス学的検査(PCR等)も行われるようになり、急性中耳炎におけるウイルスの関与(約70%で検出)が小さくないことが判明し、抗生剤の使用(ウイルスには抗生剤は効果がない)について再考されるようになりました。


今回、日本外来小児科学会で「小児科医のための中耳炎診療マニュアル」の10年ぶりの改定を目的としたワークセッションに参加しました。全国から小児科医17人(私以外は極めて小児中耳炎に造詣の深い先生方)、耳鼻科医2人(中耳炎診療のエキスパート:オブザーバー)が参加して、約3時間の密度の濃い検討会が行われました。最近10年の診察器具の進歩(特に画像ファイリング)を踏まえた中耳炎鼓膜所見の定義共有化、感染症学的データの確認、他の国での中耳炎ガイドライン等を踏まえ、2010年版の改定マニュアルの原案が作られました。

来年には、今回、改定されたマニュアルが公表され、昨年改定された日本耳科学会のガイドラインと比較検討がなされると思いますが、建設的な議論の中で小児科医と耳鼻科医が協力した小児中耳炎診療が構築していければと思いました。


(世界24カ国に中耳炎の診療ガイドラインがあるようですが、やはり診断分類の定義・治療方針も統一されていないようです。たとえば、家庭医制度の発達したオランダでは、急性中耳炎の初期に抗生剤を使用することは一切ないようですが、冬に雪で道が閉ざされるフィンランドでは初期から全員に投与するようです。医療制度、地理的環境など、純粋にサイエンスで解決できない問題もあるようです。)


その他の参加セッション


子供の栄養・温故知新母乳によって育てられた赤ちゃんたちの健全な身体・心の発達がデータで示され、授乳中のお母さんの乳腺炎への対応、授乳中のお母さんへの服薬制限の過剰(抗がん剤、一部の放射性物質薬剤以外は服薬可能)について再認識できました。また、新しい「授乳・離乳食の支援ガイド」(詳細は厚生労働省HP参照下さい)について、要点が示されました。お子さんの発達に合わせた、解り易く大らかな内容になり、忙しいお母さん達にとっても実用的な内容(母乳は欲しがるだけ与えましょう果汁など乳児期前半の離乳準備はいりません離乳○○期などの表記をなくします離乳食量の規定をなくし進め方も穏やかに手づかみ食べも大切です等)に変更されています。


発達障害をめぐって自閉症や注意欠陥多動症候群等の最近の知見が解り易く解説され、療育法の変節や効果について紹介されました。各々の子供を中心とした、長期的な医療、教育、行政のコラボレーションが不可欠であることを改めて痛感しました。


小児の咳そうマネージメントー急性から慢性までー:子供たちの長引く咳の原因、頻度等の総説に続き、小児における咳喘息(聴診所見が正常も、気管支の過敏性や炎症が存在)の比率の多さを実感しました。治療についても、診断的治療(ひとまず喘息治療を開始して、反応性で診断を確認する)の妥当性も確認できました。


蛇足
インフルエンザワクチンの予約受付を開始しています。昨年は、予約開始半日でウエブ予約を閉鎖せざるを得ない殺到ぶりでしたが、今年は2年前の状況に戻っています(殆ど埋まりましたが)。よくある質問ですが、新型インフルエンザ株は、今回のワクチンでは昨年のA型ソ連株の代わりに入っていますので、(A型香港株+B型ブリスベン株)+新型ワクチンを1回の注射で接種できます。
今年も、当院はチメロサール(エチル水銀化合物)を含まないワクチン製剤を使用します。数年前に騒がれた、水銀による自閉症発症の可能性は心配していませんが、接種後の腫脹が少ないことと、環境への水銀排出(水銀は接種後、便中に殆ど排出されます)を減らせるかと考えています。

2010年9月08日
この記事をブックマークへ登録
第20回日本外来小児科学会(福岡)に参加してをはてなブックマークに追加 第20回日本外来小児科学会(福岡)に参加してをYahoo!ブックマークに追加 第20回日本外来小児科学会(福岡)に参加してをSaafブックマークに追加 第20回日本外来小児科学会(福岡)に参加してをBuzzurlに追加

2010 インフルエンザ予防接種のご案内

こんにちは  %E3%81%82%E3%81%A4%E3%81%84.gif

毎日ホントに暑いですね。

まだこんなに暑いのに、もうすぐインフルエンザの予約が始まります。


8月の20日頃から、来院された患者様には《インフルエンザ予約のご案内》というしおりを受付で配布していますが、夏場は患者様が比較的少ないので『きっず通信』でもお知らせを載せておきますね。

%E6%B3%A8%E5%B0%84.gif  2010.インフルエンザ予約についてのご案内  %E6%B3%A8%E5%B0%84.gif


taionkei5%5B1%5D.gif  インフルエンザ予約は、9月2日(木)からパソコン、携帯電話から予約できます。
   

taionkei5%5B1%5D.gif  今シーズンのインフルエンザワクチンは、昨年のA新型(H1N1)株とA型ビクトリア株(A香港)、
   B型ブリスベン株が混合されている3価ワクチンです。接種開始は10月5日(火)の予定です。

   
taionkei5%5B1%5D.gif  今年度はシステムご利用に際し、事前に患者様ご自身での“ 登録 ”(診察券番号、氏名、
   性別、生年月日)
が必要になります。


☆ 診察券番号がわからない方は受付でご確認ください。登録も9/2から開始です。
  (同時にメールアドレスも登録しておくと、予約確認メールや前日にお知らせメールが届きますの
   で、うっかり忘れたりすることもありません。)
     

taionkei5%5B1%5D.gif http://www.fujikawa489.com/i/ このアドレスにアクセスし、インフルエンザ予約の【予約】から
   診察券番号を入力して予約を行います。

    
taionkei5%5B1%5D.gif 1回目と2回目の接種の間隔は、1週間以上4週間以内です。 当院では3~4週間隔をお勧め
   しています。1回目予約時に2回目の予約もお願いします。

    

taionkei5%5B1%5D.gif  変更・取消も全て患者様が行えますのでご利用ください。
   

taionkei5%5B1%5D.gif  生後6ヶ月以上のお子様から接種できますが、1歳未満は接種するワクチン量が0.1mlと微量
   のため、効果は充分に期待できません。 1歳未満の乳児がいるご家庭では、ご両親や兄弟、
   姉妹が接種することで、家庭内へのインフルエンザウイルスの侵入を防いでください。

     
taionkei5%5B1%5D.gif  当院の診察券番号をお持ちの方は、接種に付き添ってこられた保護者の方も接種していただ
   けます。(お子様と同様に予約が必要です。)大人の方単独での接種は受付しておりません。
   ご了承ください。
     

taionkei5%5B1%5D.gif  接種料金は、市町村ごとで一律料金(または、上限額)が設定される予定です。

   今のところ昨年と同じ料金設定で豊中市から通知がきていますが…    
   この料金は国、市と契約した医療機関が接種する料金です。
   契約医療機関は原則個別の接種料金を設定することができませんが、予防接種法により、
   ワクチンによる健康被害救済や、所得により自己負担軽減の措置が受けられます。 

   しかし…  接種料金は今後、変更になる可能性もあります。(小児は接種ワクチン量が少ない
   ので、各医療機関で個別に設定することができるようになるかもしれません。

   今後の厚生労働省の対応を待っている状況です。)

%E6%B3%A8%E5%B0%84.gif 《 携帯電話、パソコンからの予約方法 》 %E6%B3%A8%E5%B0%84.gif


①以下のアドレスにアクセス!
http://www.fujikawa489.com/i/(予約の前にまず登録をお願いします。)
 

②【予約】を選択します。


③お手持ちの診察券番号を入力します。


④ご希望の日時を選択します。


⑤予約完了の確認画面が表示されます。
     


※予約した日時までに問診票をご準備ください。(受付で配布予定ですが、問診票はまだ豊中市から届いていません。そのため、まだホームページからダウンローもできません。)


taionkei5%5B1%5D.gif  当日は、記入済みの問診表・母子手帳・診察券をお持ち下さい。
  できれば、ご自宅を出る直前に検温もしていただくと、受付がスムースです。


Dr%E6%B3%A8%E5%B0%84.gif%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AB%E4%BA%88%E7%B4%84.gif  


※診察券番号がわからない方は受付でご確認ください。
※当院を初めてご利用の方は、窓口で診察券をお作りする手続きが必要です。
次回のきっず通信は…  先日の日本外来小児科学会のご報告です。     %E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%B91.gif


院長はじめスタッフ総勢7人で参加してきました。丸2日間でのべ13のワークショップと9つのセミナー等に積極的に参加し、それぞれが学びを深めてきました。

       

2010年8月30日
この記事をブックマークへ登録
2010 インフルエンザ予防接種のご案内をはてなブックマークに追加 2010 インフルエンザ予防接種のご案内をYahoo!ブックマークに追加 2010 インフルエンザ予防接種のご案内をSaafブックマークに追加 2010 インフルエンザ予防接種のご案内をBuzzurlに追加

きょうは何の日?

今日は院長の誕生日です。

なんだか朝からスタッフに“ くす玉 ”をもらって・・・  院長はとっても嬉しかったようです。
診察室も今日は、お誕生日バージョンで、スタッフが飾りつけ等ほどこしています。

来院された患者様は、気がつかれていたでしょうか?

100709_1231~0001.jpg  100709_1226~0001.jpg


去年はスタッフがサプライズでケーキをご馳走してくれました。
今年はみんなでランチに出かけました。新御堂の側道沿いにあるリー・ツァン・ティンです。

ふかひれの姿煮とか、あわびとか・・・ 久々にごちそうを沢山いただきました。


0709  

 

07091


今月いっぱい箕面市立病院(大阪大学付属病院)から研修医の山下先生が研修に来ています。
当院での研修が始まって1週間と少しです。
これから院長と一緒に診察や処置につきますので、みなさん宜しくお願いします。

みなさん気がるに、どんどん山下先生にも質問してみてくださいね。 と~っても優しいですよ。


100709_1224~0002.jpg

2010年7月09日
この記事をブックマークへ登録
きょうは何の日?をはてなブックマークに追加 きょうは何の日?をYahoo!ブックマークに追加 きょうは何の日?をSaafブックマークに追加 きょうは何の日?をBuzzurlに追加

ヒブワクチンと肺炎球菌ワクチン、そして子宮頚がんワクチンも

今回は、つい最近接種可能となった肺炎球菌ワクチンの詳細を述べるとともに、ヒブワクチンと両方接種することで、子供たちに期待できる具体的メリットをお話します。後半は、もうひとつ新しくはじまった子宮頸癌ワクチンについてもお話します。(今回、長文になりそう。。。)


一般外来を受診される患者様の約半数は発熱を主症状としますが、私たち小児科医は、その原因を診断するため、問診・診察・検査を行います。発熱の診断は、突き詰めればウイルス感染(風邪)か細菌(バイキン)感染かを鑑別したいわけで、それを判断する手段として血液検査も施行します。外来小児科学会の主要な先生方の共同研究で以下のことが判明しています。


① 5歳未満で38度以上の発熱児の0.2%程度が菌血症(細菌が血管内まで侵入)
② 3歳未満で39度以上の発熱児の2-5%が菌血症

また、米国の報告では、生後3ヶ月から3歳の39度以上の発熱児で、血液検査にて白血球が15000以上の場合に、菌血症(細菌感染)を疑うとされています。


ただ、菌血症の原因となる細菌にも、急速に悪化する急性侵襲性細菌(髄膜炎、敗血症、重症肺炎等原因菌)と症状の進行がやや緩徐な非侵襲性細菌があり、急性侵襲性細菌の約90%(新生児期を除く)がヒブ(インフルエンザ桿菌b型)と肺炎球菌を占めるため、世界では約20年前からヒブワクチンが、約10年前から肺炎球菌クチンが接種されるようになりました。
両者を定期接種している国では、乳幼児の急性侵襲性細菌感染症が90%以上減少し、他の副次的効果も含め、極めて有効なワクチンと認知されています。日本では欧米より大きく遅れて 平成20年12月からヒブワクチンが、今年2月末から肺炎球菌ワクチンが任意で接種できるようになりました。


%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%9A%E3%82%A2.gif 1)肺炎球菌ワクチン(7価)


肺炎球菌には数十種類の血清型がありますが、今回のワクチンには特に頻度が高く重症化傾向の強い7つの血清型株に対する肺炎球菌結合型ワクチンです(以下、PCV-7と略します)。
“ 肺炎 ”球菌という名前ですが、肺炎だけでなく、長引く中耳炎髄膜炎、菌血症など広くの感染症に効果があることが認められています。


接種時期: 生後2ヶ月以上9歳未満の乳児から子供に接種できますが、最も標準的スケジュールは、生後3ヶ月から4週以上の間隔をあけて3回(初回免疫)、その後、月齢12-15月に1回(追加免疫)接種します。その時期までに接種が開始できなかった場合、生後7ヶ月以上の乳児は、初回免疫が2回になります。1歳以上2歳未満の幼児には60日間以上の間隔で2回、2歳以上9歳未満(特に5歳まで)が1回接種ですが、乳児の接種時期は、三種混合ワクチン、ヒブワクチンと近接しているため、スケジュールの組み方で3種類のワクチンを同日接種することも可能です(ヒブの供給が潤沢になれば)。


副作用は、三種混合ワクチンとほぼ同様で、接種部位の腫脹と、接種後1-2日の微熱ですが、接種開始10年以上(97カ国)たちますが重大な副作用報告は、ありません。有効率は97%で、粘膜にまでワクチンによって産生された抗体が到達するため、接種後の子供たちの上気道粘膜にこれら血清型の肺炎球菌は生存することができません。結果として、周囲の子供への感染も減少するとされています。

<ヒブと肺炎球菌ワクチンの両者を接種することのメリット>

ご家族の皆さんは、お子さんが夜に急な高熱に見舞われたときに、重症な病気ではないかと心配されるここと思いますが、ヒブと肺炎球菌ワクチンを接種しているお子さんは、急性侵襲性細菌感染症のリスクは10分の1以下にできますので、夜間の急な高熱も風邪や侵襲度の低い細菌感染と考え、翌日かかりつけ医を受診するだけで十分です。医師も数日経過を見る余裕ができますので「不必要な救急受診」「不用意な念のため抗生剤の処方」が減少し、小児救急の疲弊の改善、社会問題化している抗生剤耐性肺炎球菌(約5割)を減少できると考えられます。


ヒブ及び肺炎球菌の感染の頻度は、生後6-9ヶ月にピークを迎えますので、乳児期前半にヒブの接種とともにPCV-7を接種するのが理想的ですが、遅くとも保育所や幼稚園等の集団保育を始める前に是非接種したいワクチンです。


%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%9A%E3%82%A2.gif 2)子宮頸癌ワクチン(パピローマウイルスワクチン)


1990年代に女性の子宮頸癌は子宮頚部へのパピローマウイルスの持続感染に起因することが判明し、初めての癌撲滅ワクチンとして、世界で広がりました。パピローマウイルスは本来弱毒のため、子宮頚部への感染と治癒を繰り返しますが、持続感染に陥った患者様の一部が前がん状態 → 頚部癌へと進展するため、特に推奨される初交前の思春期の女性(免疫獲得も極めて良好です)、一般女性へのワクチン接種で、少なくとも45歳までの女性には発ガン抑制に有効であると報告されています。子宮頸癌は約35歳で発症し、年間4000人もの命を奪う(配偶者や子供にも多大な影響)病気ですので、今回のワクチンと成人してからの定期健診で、成人女性の間からこの癌を撲滅できれば、若年女性の癌死を大幅に減らせることができます。


接種時期: 優先対象年齢は11歳から14歳の女性ですが、初交前の若い女性には同様の効果があると考えられます。3回の接種(初回、1ヶ月後、6ヶ月後)が必須です。尚、このワクチンは、小学校高学年から中学生が対象になるため、一般外来の時間(夕方診療や土曜日)でも接種可能ですが、初回接種時は、1週間前までに電話予約下さい。


%E8%B5%A4%E9%89%9B%E7%AD%86.gif
追伸①: 子宮頸癌ワクチンを長女(12歳)にすでに2回接種しました、筋肉注射にかかわらず、インフルエンザワクチンと同等の痛みとのことで、副作用もありませんでした。安心して皆様も接種していただければと思います。


%E8%B5%A4%E9%89%9B%E7%AD%86.gif
追伸②: PCV-7を接種開始して約2カ月(200接種以上)経過しましたが、従来のワクチンに比べて、接種後1-2日で発熱(37.5-38.0度程度)されるお子さんがやや多いようです。免疫獲得を強めるための成分(アジュバント)が関与しているようですが、短期間で速やかに軽快されています。


%E8%B5%A4%E9%89%9B%E7%AD%86.gif
追伸③: 肺炎球菌ワクチンだけでなく、ヒブワクチン、子宮頸癌ワクチン、水痘ワクチンンを定期接種化(国費負担で肺炎球菌・ヒブ・水痘を0歳児、子宮頸癌ワクチンは12歳児に全員接種)にした場合の経済的メリット(接種費用―罹患時の医療費・介護者の休業費)を計算した論文が出ていますが、子宮頸癌ワクチンで190億円、ヒブで82億円、肺炎球菌で391億円、水痘ワクチンで390億円が、毎年黒字になるデータが示されています。また、これらは大変高価なワクチンですが、ワクチンで防げたはずの病気で子供を亡くした親御さんたちの苦悩、後悔の念は、お金では消し去ることはできません。


%E8%B5%A4%E9%89%9B%E7%AD%86.gif
追伸④: 先日のワクチン研究会で、「我々日本人は、毎年1000人の子供たちを東尋坊の崖から突き落としている(毎年、ヒブ・肺炎球菌で髄膜炎になる子供たちの数)」と表現された先生がおられましたが、世界の医療先進国にならって、これらワクチンが一刻も早く定期接種として認定されることを、我々小児科医は祈っています。(定期接種で、ヒブとPCV-7の細菌感染症はこの世の中から撲滅できます。)


%E8%B5%A4%E9%89%9B%E7%AD%86.gif
追伸⑤: 豊中市の早期乳児へのBCG接種が個別化されました。市の集団接種がなくなり、市に申請登録したクリニックでの個別接種になりましたので、生後3か月になったら早くBCGを受けていただくようお願いします。(大阪は結核の発症率の高い都道府県です。)


%E8%B5%A4%E9%89%9B%E7%AD%86.gif
追伸⑥: 5年前から勧奨接種が中止されてきた日本脳炎ワクチンが、昨年の改良型ワクチン発売から10ヶ月遅れて、先日(4月8日)勧奨接種再開の通達がありました。本来の至適年齢である3歳児から再開とのことです。勧奨中止期間に接種漏れした子供(4歳ー8歳)たちについての対応ついての通達は受けていませんが、定期接種ワクチンとして順次接種していくことになると思います。


%E9%9D%92%E9%89%9B%E7%AD%86.gif
「 ワクチンによって毎年何百万人の命が救われ、 数えきれないくらい多くの人々が感染症後遺症から避けることができているのに、それでもなお、一部の人達はワクチン接種の副作用を( 重症であろうがなかろうが )、ほんのわずかでも受け入れようとせず、ますますワクチンに対する反感を募らせている。 絶対にリスクのない医療行為など、あるはずがないのだから、個人のリスクも常に個人と全体に対する益とのバランスにおいて考慮されるべきだ 」と、ハリソン内科学書(内科学の最も権威ある教科書)に書かれているのを、医師向けの新聞で知りました(私の学生時代には、高価で買えませんでした)。 けだし名言です。


★今年も日本小児神経学会出席のため、5月22日(土)は休診させていただきます。%E9%99%A2%E9%95%B7%EF%BC%91.GIF

2010年4月21日
この記事をブックマークへ登録
ヒブワクチンと肺炎球菌ワクチン、そして子宮頚がんワクチンもをはてなブックマークに追加 ヒブワクチンと肺炎球菌ワクチン、そして子宮頚がんワクチンもをYahoo!ブックマークに追加 ヒブワクチンと肺炎球菌ワクチン、そして子宮頚がんワクチンもをSaafブックマークに追加 ヒブワクチンと肺炎球菌ワクチン、そして子宮頚がんワクチンもをBuzzurlに追加

第2回 患者アンケートの集計です kuma.gif

ひさびさの“きっず通信”の更新です。


新型インフルエンザに振り回された昨年でしたが、年が明けてからは流行もすっかり収まり新型インフルのワクチンを希望する方もめっきり減りました。
これから南半球が再び“冬”に入りますので、南半球での2シーズン目の流行に注目しています。
状況によっては、夏にオーストラリアなどの南半球に旅行する方は、再びワクチン接種が必要になるかもしれませんね・・・

さて、今シーズンも昨年にひき続きインフルエンザのネット予約システムから患者アンケートを実施させて頂きました。今シーズンは、予約の手順をより簡略化するために事前に通常の診察予約システムとデーターのコンバートをしていました。そのため、当院でインフルエンザの予約をしなかった方にまでアンケートの一斉送信をしてしまい、失礼をいたしました。突然のアンケートに驚かれた方もいらっしゃって… ほんとに申し訳ありませんでした。m(_ _;m)三(m;_ _)m
来シーズンは、対策を講じますので、今後とも宜しくお願い致します。
そして、お忙しい中アンケートに返信して下さった皆様、貴重なご意見ありがとうございました。スタッフ一同で結果を受け止め、今後の診療に役立ててゆきたいと思います。


%E3%81%BF%E3%81%A9%E3%82%8A%E3%81%8F%E3%81%BE.gif  今シーズンのアンケートの総数259件(昨年178件)でした。

1.予約はとれましたか?            はい79%  ・いいえ20%  ・無回答1%
2.予約枠が少ないと感じましたか?     はい66%  ・どちらでもない19%  ・いいえ15%
3.携帯.ネット予約は便利でしたか?    便利だった85% ・どちらでもない10% ・不便だった4%
4.アドレスはわかりやすかったですか?   はい82%  ・どちらでもない13%  ・いいえ5%
5.操作は簡単でしたか?            はい87%  ・どちらでもない8%  ・いいえ4%
6.予約確認メール配信は便利でしたか?  便利だった90% ・どちらでもない8% ・不便だった2%
7.トップの案内文は読みましたか?     はい87%  ・いいえ7%  ・どちらでもない5%
8.当日は30分以上待ちましたか?      はい15%  ・いいえ78%  ・無回答7%
9.予防接種後インフルエンザにかかりましたか? いいえ85%  ・はい12%  ・無回答3%


%E3%81%BF%E3%81%A9%E3%82%8A%E3%81%8F%E3%81%BE.gif ★ 通院する医院の決め手となるポイントを教えてください。 (重複あり)


・距離が近く、駐車場が広いこと(通いやすさ)・・・ 84件
・先生の対応(説明が分かりやすいか、話しやすさ、質問のしやすさ)・・・71件 
・予約システムがあり、待ち時間が少ないこと ・・・ 66件
・看護師、スタッフの雰囲気、対応、技術が良いかどうか・・・ 58件
・先生の人柄と信頼関係   ・・・  42件
・先生の診断、治療の的確さ(腕がいい)・・・  28件
・口コミ、評判がいいか   ・・・ 16件   
・待合室などの院内の設備、雰囲気、アメニュティーが良いか ・・・ 11件
  (感染予防の配慮や過ごしやすさ)
・臨機応変な対応、融通が利くこと ・・・ 3件
その他(お薬に関すること)
・やたらに沢山のお薬を処方される先生は選びません。
・薬局が近くにあること
・子供の飲んでくれる薬をくれる。
・院内処方であること。


やはり、病気の子供を連れて行く場所として、圧倒的に“ 広くてとめやすい駐車場 ”が大きなポイントとなっているのが判りました。次に先生の対応、予約システムの順になっています。 

診察予約システムにつきましては、かねてから“時間予約”や“翌日予約”のご要望があります。そのため、いろいろ検討をしてみましたが、当院には広くてとめやすい十分な数の駐車場がありますし、順番が近づくと電話やメールでコールするシステムもありますので、暫くは現状の順番予約のシステムを継続してゆく予定です。時間予約にした場合でも必ずしも時間どうりに診療できないことが多く苦情も多いと聞きますので…
ご理解くださいますようお願い致します。


%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%9A%E3%82%A2.gif  ★ 先生やスタッフに一言 152件  
 

ホントに、お忙しい中、皆さんからたくさんのお言葉をいただきました。
中には辛口もありますが、すべてそのまま受け止めて、今後の励みにさせていただきます。ありがとうございます。一部をここに載せさせていただきます。


%E3%81%8D%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%8F%E3%81%BE.gif インフルエンザの検査が痛くない。と子供は喜んでます
%E3%81%8D%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%8F%E3%81%BE.gif うちの子は軽い喘息も持っています。先生に診て頂いて、適したお薬を服用すると治ってしまいます。心強いです。
%E3%81%8D%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%8F%E3%81%BE.gif 先生の適切な診断と納得できる説明。血液検査や点滴などの迅速な処置。清潔なトイレや消毒液の設置、処置室など施設の充実。電話での相談などに対する親切でプロフェッショナルなスタッフの対応。必要に応じてマスクを支給されることなどを通じて患者に対する「うつさない」意識の啓蒙。ふじかわ小児科で全ての側面から満足を感じています。
%E3%81%8D%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%8F%E3%81%BE.gif 娘が熱性けいれんを起こしお世話になった際には救急に行くよりもずっと安心で納得の処置をしていただくことができて感謝しています。やっと安心できる先生に巡り合えたと大変喜んでいます。これからもよろしくお願いします。
%E3%81%8D%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%8F%E3%81%BE.gif 人気のある病院な分、先生も沢山の症状を見て経験豊富でいらっしゃると思うので安心して見てもらえます。待合室も絵本やオモチャが充実していてありがたいです。
%E3%81%8D%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%8F%E3%81%BE.gif オープニングの頃からはスタッフも入れ替わって、受付の感じが今一つになったように思えるのが残念ですが、先生の信頼感と看護師さんの丁寧な対応は、やっぱり何にも変えられない魅力です。
%E3%81%8D%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%8F%E3%81%BE.gif 先生がこどもの立場になって診察してくださるのはもちろん、親の気持ちも大切に接してくださることです。 とは言え、はいはいと聞くばかりではなく、こちらのいたらない面はきっぱりとご指摘くださるのも必要だと思っています。 藤川さんでは病児の接し方や気をつける点のメモくださって、看護士の方がフォローしてくださるのもありがたく思っています。
%E3%81%8D%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%8F%E3%81%BE.gif きちんと患者のことを考えている病院。今回の予防接種予約については、不満がたくさんあり、不信感を覚えました。
%E3%81%8D%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%8F%E3%81%BE.gif 診断が的確で説明もわかりやすく安心して診てもらっています。以前、子供に気になる症状があり相談の電話をかけた時も、時間外だったのですが丁寧に対応していただき感謝しています。
%E3%81%8D%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%8F%E3%81%BE.gif 先生のご判断が、凄く的確で安心しています。看護師さんも皆さん丁寧なので、子供達も怖がらずに通えてます。診察の後のガチャポンも楽しみにしているようです(^_^)
%E3%81%8D%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%8F%E3%81%BE.gif 先生のテキパキとした診察と、わかりやすい丁寧な説明。スタッフの笑顔の対応が良いと思います。
%E3%81%8D%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%8F%E3%81%BE.gif ふじかわ先生は優しくて対応も早いので信頼しています!開院当時から通っているので看護師さん達にも声をかけて頂きホッとします。ネット予約制度も仕事を持つ母親には大助かりです(*^-^)b  これからも宜しくお願いします!
%E3%81%8D%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%8F%E3%81%BE.gif 看護婦さんに一生懸命病状を説明してカードにもかいたので安心して先生に、詳しくいわなかったら薬局で「そういう病状にきく薬は入ってません。」といわれ、やっぱり治りにくかったです。同じことを二回いわないとだめなのですね?
%E3%81%8D%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%8F%E3%81%BE.gif 3、4年前くらいからお世話になっています。2年前に少し遠くに引っ越したのですが、やはりいざという時はふじかわ小児科が頼りになり、今もお世話になっています。近くにふじかわ小児科のような病院があれば…といつも残念に思います。 注射の跡に貼るテープの絵、すごくお上手ですね!
%E3%81%8D%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%8F%E3%81%BE.gif ウェブで、時間指定予約の際、1分でいっぱいになってしまった。 携帯ウェブ登録していてもできなかったのに、登録してない人は、今回接種できなかったのでしょうか?
%E3%81%8D%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%8F%E3%81%BE.gif 育児に不安を感じている時、待合の間に親身になって話を聞いていただいた事が何回もありました。子供の病気の事だけでなく、私自身も気持ちが楽になりました。これからもよろしくお願いします。
%E3%81%8D%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%8F%E3%81%BE.gif お忙しい中、些細な心配事にも優しく答えてくださり感謝しています。子供達も先生が優しいから嫌がらずに通院してくれ、本当に助かっています。 ただ、通常診察のネット予約が時間差で始まるので多少困ってしまいます。改善をして頂けると助かります
%E3%81%8D%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%8F%E3%81%BE.gif 大勢の患者さんがいらっしゃってお疲れでしょうが、いつも穏やかに対応していただき、とても感謝しております。出来れば親の私も一緒に診察していただきたい程です。これからもどうぞよろしくお願いいたします。
%E3%81%8D%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%8F%E3%81%BE.gif 忙しそうな時でもいつもにこやかに対応してくれるスタッフの皆さんにいつも感謝しています。HPも先生に対して親近感のもてる内容で、更新を楽しみにしてます
%E3%81%8D%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%8F%E3%81%BE.gif 注射が痛くなかったと息子が言っていました
%E3%81%8D%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%8F%E3%81%BE.gif お忙しい中、先生やスタッフの方々も無駄なく、感じよく接して下さるので嬉しいです。予防接種の予約が取れにくいのは残念に思いますが仕方ないかも。
%E3%81%8D%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%8F%E3%81%BE.gif いつも、予約システムを便利に使わせて頂いています。難しいとは重々承知してはおりますが、当日だけではなく、せめて翌日の予約を受けて頂けるようになると、病人を含め大変助かります。ご検討をよろしくお願い致します。
%E3%81%8D%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%8F%E3%81%BE.gifふじかわ先生とスタッフの方はとてもわかりやすく見立ても正確に診療してくださいます。おすすめの小児科です!ついでに近くの薬局も親切です。
%E3%81%8D%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%8F%E3%81%BE.gif いつも明るい雰囲気で迎えて頂き、安心して受診することができます。 注射が苦手で他院では泣き叫んでいた息子ですが、先生の超早業の前では泣く間もなかったようです。 これからもよろしくお願い致します。
%E3%81%8D%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%8F%E3%81%BE.gif やはり先生の人柄、看護師さん、受け付けの方能力の高さなどが口コミで広まったのか遠方から通われる方が増え診療にしろ予防接種にしろ予約が取りにくくなったと思います。 去年は子供が肺炎になり入院しましたがその時もウェブ予約開始時間に予約したにもかかわらずお昼過ぎの診察になりそこから箕面市立病院へそしてそのまま入院となりました。もう少し早く診察してもらえたらなぁと思いました。 しかし先生、看護師さんが頑張っておられる事は十分理解しております。去年はインフルエンザの事もあり異常事態だったのかもしれませんね。
%E3%81%8D%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%8F%E3%81%BE.gif いつも、沢山の患者さんがいても笑顔の対応感謝です。
%E3%81%8D%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%8F%E3%81%BE.gif 先生の注射の【痛くなさ】は、まさに神ワザ! うちの子は「他の病院(で注射をされるの)は絶対イヤだ!」と言います。…先生の大ファン?です!
%E3%81%8D%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%8F%E3%81%BE.gif 先生はお注射が上手で、2歳の娘は今まで一度も泣いた事がありません。先生・スタッフの方々・病院の雰囲気も良いので、病院嫌いにならず、助かります。


まだまだ、たくさんの“ お声 ”を頂いていますが全てご紹介することができませんでした。
スタッフ一同は、みなさんのお声に、涙うるうるで…%E3%81%86%E3%82%8C%E3%81%97%E6%B6%99.gif またパワーを頂きました!!%E3%81%86%E3%82%8C%E3%81%97%E6%B6%99.gif ありがとうございました。


また、今年のアンケートでは当院のスタッフの頑張りだけでなく、雨の日も風の日もイオンの駐車場の交通整理を一生懸命してくださってる方々や、営業時間がとうに過ぎているのに患者様の診療が終わるまで残業して待っていてくださるグリーンメディックの薬剤師の方々にも、深く深く感謝の気持ちがあふれてきました。ホントに薬局さんの評判も良くて、周りの方々に支えられて恵まれた環境で診療できていることを実感しています。

また、ご意見、ご要望がありましたら、何なりと院内の「ふくろうポスト」に投函してくださいね。 %E3%81%B5%E3%81%8F%E3%82%8D%E3%81%86   院長への直行便です。 %E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E7%9C%8B%E8%AD%B7%E5%B8%AB%E6%94%B92.gif
       

2010年3月12日
この記事をブックマークへ登録
第2回 患者アンケートの集計です <img alt="kuma.gif" src="http://fujikawa-kids.jp/kidsblog/kuma.gif" width="32" height="39" />をはてなブックマークに追加 第2回 患者アンケートの集計です <img alt="kuma.gif" src="http://fujikawa-kids.jp/kidsblog/kuma.gif" width="32" height="39" />をYahoo!ブックマークに追加 第2回 患者アンケートの集計です <img alt="kuma.gif" src="http://fujikawa-kids.jp/kidsblog/kuma.gif" width="32" height="39" />をSaafブックマークに追加 第2回 患者アンケートの集計です <img alt="kuma.gif" src="http://fujikawa-kids.jp/kidsblog/kuma.gif" width="32" height="39" />をBuzzurlに追加
previous << |  1  |  2  |  3  | 4 |  5  |  6  | >> next