豊中市緑丘の小児科。予防接種、乳児健診等。 千里中央駅阪急バス3番乗り場より「豊中」行きに乗車(約10分)し、「緑丘」下車すぐ。

ふじかわきっず通信

《ポリオの抗体保有率が低い年代のお父さん、お母さんにも不活化ポリオワクチンの接種を開始します。》

%E3%81%8A%E3%81%B0%E3%81%91%EF%BC%96.gif 2009年に国立感染症研究所が実施した調査によると、昭和50年から52年に生まれた人の「1型ポリオ」の抗体保有率が低いことが判りました。昭和50年生まれで57%、51年生まれ37%、昭和52年生まれ64%でした。他の年代の抗体保有率が80~90%ですので、明らかに差が認められます。 原因としては、昭和49年、50年にワクチンによる?死亡例が報告されたことによる保護者の接種差し控えがあり、接種率が20%ほど低くなったことと、その年にワクチン生産に使用したポリオウイルスの株が弱く、抗体産生の低いワクチンができてしまい、それを使用したのが原因のようです。

        
       

%E3%81%8A%E3%81%B0%E3%81%91%EF%BC%96.gif 現在、日本国内ではポリオの発症はなく、生ポリオワクチンも終了しましたので、ワクチンによる感染の危険もありませんが、・・・
未だにインド、バングラデシュ、アフガニスタン、ナイジェリアなどではポリオが流行しています。
昨年は中国北京でも野生株ポリオの集団発生が報告されました。抗体保有が不十分な方が、このようなポリオ常在国へ海外渡航する場合には、ポリオに感染・発症する可能性は否定できません。 そのため、昭和50年から52年生まれの年代にあたる方に不活化ポリオワクチンの接種を推奨しています。(海外渡航予定のあるなしにかかわらず、ポリオ撲滅のために国民の抗体保有率をひきあげることは、国策としてかかげられています。)      
       


%E3%81%8A%E3%81%B0%E3%81%91%EF%BC%96.gif 子どもの頃に1回もしくは2回接種していれば追加で1回、初めてであれば6週以上の間隔をあけて2回ポリオの予防接種を受けることが推奨されています。
当院では今回ワクチンの在庫に限りがありますが、40人分だけ確保することができました。接種を希望される方はお電話で予約をお取りください。10月からは水曜日のインフルエンザワクチンの時間帯で同時接種も可能です。スタッフにご相談ください。

2012年9月28日
この記事をブックマークへ登録
《ポリオの抗体保有率が低い年代のお父さん、お母さんにも不活化ポリオワクチンの接種を開始します。》をはてなブックマークに追加 《ポリオの抗体保有率が低い年代のお父さん、お母さんにも不活化ポリオワクチンの接種を開始します。》をYahoo!ブックマークに追加 《ポリオの抗体保有率が低い年代のお父さん、お母さんにも不活化ポリオワクチンの接種を開始します。》をSaafブックマークに追加 《ポリオの抗体保有率が低い年代のお父さん、お母さんにも不活化ポリオワクチンの接種を開始します。》をBuzzurlに追加

2つの子宮頸がんワクチンについて… そして、ポリオやその他の予防接種も変わります

ご無沙汰していました。
再度、ワクチンのお話とともに、雑感を少し。(少し長くなりそうです)。
                                  
                
      
suika.gif 2つの子宮頸癌ワクチンについて              
                                     
            
『子宮頸癌』の原因が、ほぼ全てヒト・パピローマウイルス(以下HPV)の持続感染であることが証明され、HPVワクチンを投与することで子宮頸癌を予防することが可能になりました。                          
                 
            
国内では、最初にHPVのうち最も悪性度が高く若年に癌を発症させる2種類のウイルス抗原(16型,18型)のみを含有する2価ワクチン(商品名サーバリックス)が使用可能になりました。さらに、昨年7月に新たに性感染症(以下STD)である『尖形コンジローマ』を発症させる2種類のウイルス抗原(6型,11型)を追加した4価ワクチン(商品名ガータシル)が使用可能になりました。                             
                      
           
当院では、今まで先行販売されたサーバリックスを接種してきましたが、含有する抗原数だけでなく
             
          
①発癌予防効果が維持される期間
②副反応の比率等… 
  
も検討してきましたが、子宮頸癌に対する予防効果に差異はないと考え、ガータシルでの接種を開始することにしました。すでにサーバリックスを開始されている方は、3回目までサーバリックスを継続しますが、今後新たに子宮頸癌ワクチンを開始される方は、原則としてガータシルでの接種になります。(7月17日より)。暫く、並存して接種することになりますので、念のためご自身のワクチン名を接種時に確認してください。
                                
          
なお、接種スケジュールも少しだけ違ってきます。
サーバリックスは2回目接種を1カ月後、3回目接種は1回目から6カ月後となっていました。
ガータシルは2回目接種は2カ月後、3回目接種は1回目から6カ月後となります。   
                                         
            
接種対象は変わりません。中学1年生から高校1年生相当の年齢の女子です。
高校1年生の方は今年度中に1回目を受けていれば、2回目、3回は高2になっていても助成が受けられます。(豊中市在住の方:1回3,000円)        
                                 
           
現時点で上記ワクチンにて防げる子宮頸癌は全体の60-70%とされていますので、20歳を越えれば従来どおり子宮癌検診を必ず受けてください。また、海外でより含有ウイルス抗原数の多い子宮頸癌ワクチンが開発中です。将来的には90%以上の子宮頸癌が予防できるようになるようです。
                       
             
また、ネット上で子宮頸癌ワクチンについての風説の流布(不妊症になる、死亡例がでている、効果がない)が流されていますが、注射直後の失神(痛みで意識を失う)が筋肉注射のため稀に認めるだけ(接種後暫く座っている等で対応)で、安全なワクチンと考えます。    
   
           
suika.gif ポリオワクチンについて           
          
            
報道のとおり、今年の9月1日からポリオワクチンが生ワクチンから不活化ワクチンに変更されることになりました。当院では、年初からすでに任意で不活化ポリオワクチンを開始していますが、接種スケジュールやワクチン製剤(イモバックス)も厚労省の決定と全く同じです。
生後3ヶ月から12ヶ月に20日以上の間隔をおいて3回、12-18ヵ月後に追加1回接種します。
すでに任意で接種を開始されている方は、残りの接種を9月以降に定期接種として公費で受けることができます。(詳細は過去のキッズ通信をご覧下さい)。
         
        
            
suika.gif 水痘、おたふくかぜ(ムンプス)ワクチンの2回接種とスケジュール変更     
         
           
今年の4月20日に日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュールを変更しました。       
        
当院では、従来、水痘とおたふくかぜワクチンの2回接種を積極的に勧めてきませんでしたが(1回目さえ接種される方が30%未満のため)、当院で接種されたにもかかわらず両疾患に罹患するお子さんを繰り返し診療してきたため、世界基準(日本小児科学会の新しい基準)に即して、今後2回接種を推奨していきます。   
                    
           
両ワクチンとも世界的には2回接種を推奨されてきましたが、従来の方法(3年以上あける)だと、接種したのにもかかわらず、1回目接種後1年を過ぎたあたりから水痘罹患者が増加する(接種後7ヶ月から罹患者が出始める)ため、接種時期を1回目を生後12-15ヶ月に、2回目を生後18ヶ月以上2歳未満(初回接種後 4-12ヶ月)に接種することが望ましいと改訂されました。早期に2回目を接種することでワクチン接種者の水痘罹患者を激減させる目的です。  

               
また、おたふくかぜワクチンの2回目は5歳以上7歳未満と従来どおりです。1回接種されたにもかかわらず罹患する(年齢とともに抗体が低下する等)例が約10%でみられ、重大な後遺症(難聴、不妊、髄膜炎など)も散見されているためです。   

     
                
尚、すでに両ワクチンを1回接種されている方で2回目を希望される場合は、水痘ワクチンなら4カ月以上、おたふくかぜワクチンなら1年以上あいていれば2回目を接種できます。

              
            
ほとんどの保護者の方にとっては、『みずぼうそうも、おたふくも1回うてば大丈夫』 と思ってたのに、1回では不十分なので2回目の接種をお勧めします… と急にいわれても… お金もかかるし… どうしよう… という感想を持たれる方も多いかと思います。 海外の(先進国の)子ども達はごく当たり前に2回接種しているのですが… 『ワクチン後進国』といわれる哀しい日本の現実がそこにあります。 これらのワクチンが1日も早く公費(無料)で受けられるようになることが、日本の子ども達を世界標準のレベルで病気から守れるようになる近道であることは、言うまでもありません。
     
                
futaba01a.gif 雑感
                
               
ウェブ社会が発達し、医療関係者以外の方も容易に医療知識を獲得でき、稀な病気の患者様を初めて診療する場合、私よりもご家族のほうが病気について詳しいことも珍しくなくなりました。また、医師同士も互いの知識をネット上(メーリングリスト等)で活用しあい、患者様の診療に生かす時代になっています。
私も約2000人が参加する小児科医ウェブグループに入会し、日々ネット上で勉強させて頂いていますが、最近では医療知識より尊敬する先生方の格言?に感心する毎日です。そのうちのひとつを紹介します。   

            
「2回目に診る医師は10倍名医」
                
               
病気は発症初日に全貌を示してくれることがまれで、3日目、5日目と経過する中で症状が揃ってきます。たとえば麻疹(はしか)を初日に診断できる先生は神の領域ですが、体や口内に独特の発疹が出るころには、誰でも診断できるようになります。開業して、発熱初日の子供たちを見る機会が増えましたが(多くの場合、感冒初期ですが)後日、感冒以外の病気が判明する(川崎病、マイコプラズマ肺炎、溶連菌感染症など)ことが多々あります。当院は水曜・日曜が休診ですので他の先生に診断を受け、後日ご家族からうかがうことが時々ありますが、紅顔の至りです。私が2回目に診ていれば診断できたか?は、不明ですが、先の麻疹の例のように2回目は診断できていたかもしれません。逆に、私が2回目の診察の医師になって診断を確定することがありますが、それも私が決して名医なわけではありません。時間が教えてくれたのです。    
              
            

            
%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%9A%E3%82%A2.gif7月は例年通り、臨床研修医の先生(医師になって2年目)が来ています。
教えてあげることもありますが、教えてもらうこともあります。
いつもより、やや緊張しながら仕事をしています(ちなみに綺麗な女の先生です)(# ̄ー ̄#)
宜しくお願いします。     
      
           
%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%9A%E3%82%A2.gif先日の誕生日の写真をアップします。
スタッフが大々的に作成してくれたポスターのおかげで、たくさんの子どもたちやお母さん達に“おめでとう”の言葉をいただきました。ありがとうございました。

               
そして、いつもいつも忙しいのに笑顔いっぱいで、支えてくれているスタッフのみんなにも、“ありがとう”
   
            
今年はスタッフからメガネスタンドをプレゼントしてもらいました。メガネ(老眼鏡)をかけたカオがそっくりだそうです…?
    
              
1%E8%AA%95%E7%94%9F%E6%97%A5.JPG  %E8%AA%95%E7%94%9F%E6%97%A52.JPG
      
クリニックの日常の写真はフェイスブックにアップしています。一度のぞきにきてください。            
                                  
                                             Dr%E6%B3%A8%E5%B0%84.gif

2012年7月18日
この記事をブックマークへ登録
2つの子宮頸がんワクチンについて… そして、ポリオやその他の予防接種も変わりますをはてなブックマークに追加 2つの子宮頸がんワクチンについて… そして、ポリオやその他の予防接種も変わりますをYahoo!ブックマークに追加 2つの子宮頸がんワクチンについて… そして、ポリオやその他の予防接種も変わりますをSaafブックマークに追加 2つの子宮頸がんワクチンについて… そして、ポリオやその他の予防接種も変わりますをBuzzurlに追加

風疹が関西を中心に流行しています。

厚労省は風疹の流行について、全国自治体へ8年ぶりに注意喚起を促しました。
国立感染症研究所の集計によると、5/20までの患者の集計は205人で昨年同時期の1.6倍になっています。大阪でも46人、兵庫では62人とこの2県で集計人数の半数以上にのぼっています。特に目立つのは20代~40代の働き盛りの男性患者が7割を超えることで・・・ 今や「風疹」は子供の病気と言えなくなりました。     
                                        

「三日はしか」といわれる風疹は、唾液などの飛沫感染によってうつります。妊娠初期の女性がかかると、胎児の心臓や目、耳に障害を残すことがあるため、国は平成7年までワクチン接種の対象を女子中学生と限定していました。このため風疹の免疫を持たない男性が増え流行を完全におさえこむことができず現状に至っています。平成7年以降はワクチンの対象を女子中学生から11歳以上の男女(男女の中学生)と改訂されています。                
                     
                     
現在30代後半以上の男性は定期接種の機会がなく、23年の調査では30代~50代前半の男性の5人に1人が免疫を持っていないのではないかと言われています。現在定期接種の時期に該当する人(MRワクチン接種対象者)はもちろん、妊娠準備期、妊娠適齢期の方の家族や周囲の人も、(本人の為だけでなく)奥様や未来の家族の為にも、ワクチン接種をするのが賢明といえそうです。
        
風疹ワクチンを希望される方には、麻疹ワクチンの接種から10年以上経過し、抗体価が低くなっていることも考えられますので、当院では“MRワクチン”をお勧めしています。
                                           
成人の方は、ワクチンの接種時間に関係なく通常の診療時間内でいつでも接種できますが、念のため来院前にお電話で予約をお取りください。

                                             Dr%E6%B3%A8%E5%B0%84.gif    

2012年6月04日
この記事をブックマークへ登録
風疹が関西を中心に流行しています。をはてなブックマークに追加 風疹が関西を中心に流行しています。をYahoo!ブックマークに追加 風疹が関西を中心に流行しています。をSaafブックマークに追加 風疹が関西を中心に流行しています。をBuzzurlに追加

《不活化ポリオ単独ワクチンが薬事承認されました。》

4月27日厚労省が不活化ポリオの単独ワクチンを承認しました。​定期接種への導入は9月の予定です。
  

現在当院が個人輸入して任意接種で使用しているワクチンと同じも​のですが、公費接種に向けて在庫調整のため、一旦新規の初回接種​の受付を中止することにしました。
  

不活化ポリオは4~8週間隔で3回と追加接種の計4回接種が必要​です。すでに当院で1回目を接種してスケジュールを立てている方​はスケジュールどうりの接種をしてください。(3回目が8月とい​う方は9月に公費で接種することも可能です。ご相談ください。ま​た、現在4週間隔で接種スケジュールを立てている方が、6~8週​間隔でスケジュールを立て直して9月までのばすことも可能です。​)
転居などで他市ですでに1~2回接種をしている方で、2~3回目​を当院で希望される方は、受付にお電話で相談してください。

  
1回目を生ワクチンで受けた方も、もちろん9月から不活化を公費​で受けられます。
  

当院ではワクチンスケジュールはひとりひとり個別にご希望を伺っ​て立てていますので、スケジュールでわからないことや不安なこと​があれば、看護師が個別にご相談をお受けします。
  

ゆくゆくはDPTにポリオが入った4種混合ワクチンが承認される​予定ですが… ポリオは現在国内で流行していませんので、慌てて​接種しなくともいいワクチンと考えます。
まずは、ヒブやDPT、肺炎球​菌ワクチンを優先して考えてください。

2012年5月07日
この記事をブックマークへ登録
《不活化ポリオ単独ワクチンが薬事承認されました。》をはてなブックマークに追加 《不活化ポリオ単独ワクチンが薬事承認されました。》をYahoo!ブックマークに追加 《不活化ポリオ単独ワクチンが薬事承認されました。》をSaafブックマークに追加 《不活化ポリオ単独ワクチンが薬事承認されました。》をBuzzurlに追加

不活化ポリオワクチンの開始

当院でも不活化ポリオワクチンを開始します。
(開始に至った経緯については、前回、前々回のキッズ通信を再読ください。)。昨年秋以降も、北京でのポリオ流行、神奈川県単独の不活化ワクチン導入、厚生労働大臣による不活化ワクチンの前倒し導入発言(「2013年春から2012年秋に前倒しで導入」と発表。但し、現在進行中の治験スケジュールでは年内開始は不可能と思われます)の報道がありましたが、御家族からの接種の御要望が多く、当院でも開始させていただくことにしました。


<接種の概要>
① 使用ワクチン:仏国サノフィ社製不活化ポリオワクチン「Imovax Polio」
         (世界で最も多く使用され、安全性・有効性が確認済み)

② 接種部位:上腕に皮下注射(カナダ方式)


③ 接種対象:生ポリオワクチン未接種で、現時点での不活化ポリオワクチン のディメリット(国の健康被害に対する補償がない、有料である、将来無料化(定期 接種化)される予定である等)をご家族が承知されている方で

 1) 当院で既にヒブ、肺炎球菌ワクチンを接種されている
 2) 当院でこれからヒブ、肺炎球菌などを接種される予定
 3) ご家族がワクチンの同時接種の意義・安全性を十分理解されている


以上の乳幼児を今回の予約分の対象とします。

④ 接種回数:三種混合ワクチンに準拠した方法で接種します(生ポリオワクチン未接種の場合)
     生後3カ月または任意の時期に1回目を接種。
     以後、4(-8)週間隔で2回(計3回)接種します。

重要  
   

・不活化ワクチンの接種スケジュールは国によって様々ですが、最低でも4回、出来れば5回接種することが推奨されています。当院では、定期接種化されるまでに3回接種し、以後は定期接種化(平成24年度末)後に4回目以降の接種をしていただきます。日本のスケジュールは決まっていませんが、幼児期から学童期にかけて4回目(及び5回目)接種のスケジュールが設定されると思います。


・尚、既に接種されている他院では、当院と異なるスケジュールを説明されているかもしれませんが、初期の感染防御には2回接種すること、終生の免疫獲得には4回以上の接種が必要であることが要点です。


<<追加>>

尚、生ポリオ2回接種済みでも、1年以内に中国、インド、パキスタン等の流行地への渡航予定の幼児にも2回接種します(最後の生ポリオワクチンから2ヶ月以上経過していれば、4-8週間隔で2回接種)

すでに1回生ワクチンを接種の方は、生ワクチン接種後2ヶ月以上経過していれば、4-8週間隔で2回接種します(幼児期以降に4回目も必要)

⑤ 予約方法
予約は当院への電話(06-4865-5020で受け付けますが、輸入本数に限りがありますので、予約満了後に一旦、予約を打ち切ることがあります。ご承知ください。


最後に
今回の不活化ポリオワクチンは、当クリニック(すでに開始されている他のクリニックも同様)とって、初めての国の障害補償が付かないワクチンです。
「現行の全てのワクチンの中でも最も安全なワクチン(WHOより)」ですが、ご家族とクリニックの間の強い信頼関係があって、接種できるワクチンと考えます。上記を熟読の上、希望される方のみご予約ください。

2012年2月16日
この記事をブックマークへ登録
不活化ポリオワクチンの開始をはてなブックマークに追加 不活化ポリオワクチンの開始をYahoo!ブックマークに追加 不活化ポリオワクチンの開始をSaafブックマークに追加 不活化ポリオワクチンの開始をBuzzurlに追加
previous << |  1  | 2 |  3  |  4  |  5  |  6  | >> next