ふじかわきっず通信

スタッフに赤ちゃんが産まれました baby5.gif

えっ?だれが産んだのっ?って思いました?
妊娠してからは、時々しか出勤していませんでしたからね~ kao1.gif
 

2009年の3月にここで結婚のご報告をした看護師の梶川です。 またこんな素敵なニュースをお知らせできるのが、ホントに嬉しいです  ha-to.gif
9月の14日に無事男の子が産まれましたbaby4.gif    %E3%81%8B%E3%81%98%E3%81%8B%E3%82%8F%E3%81%9F%E3%81%8F%E3%81%BF%E3%83%99%E3%83%93%E3%83%BC.jpg
   
きゃー!! ホント可愛い!!
次回は予防接種や乳児健診で“ お母さん ”としてみなさんと一緒に来院してくれるのが楽しみ~ ha-to.gif


2010年9月28日
この記事をブックマークへ登録
スタッフに赤ちゃんが産まれました <img alt="baby5.gif" src="http://fujikawa-kids.jp/kidsblog/baby5.gif" width="22" height="30" />をはてなブックマークに追加 スタッフに赤ちゃんが産まれました <img alt="baby5.gif" src="http://fujikawa-kids.jp/kidsblog/baby5.gif" width="22" height="30" />をYahoo!ブックマークに追加 スタッフに赤ちゃんが産まれました <img alt="baby5.gif" src="http://fujikawa-kids.jp/kidsblog/baby5.gif" width="22" height="30" />をSaafブックマークに追加 スタッフに赤ちゃんが産まれました <img alt="baby5.gif" src="http://fujikawa-kids.jp/kidsblog/baby5.gif" width="22" height="30" />をBuzzurlに追加

第20回日本外来小児科学会(福岡)に参加して

今年も、スタッフ6人とともに日本外来小児科学会に参加してきました。小児科医(主として開業医)、小児科外来に関わる看護師・医療事務・保育士・薬剤師等の約2000人に福岡に集まりました。今回、私が参加した「小児中耳炎診療マニュアル改訂」を中心に学会記を紹介します。


ワークショップ:「小児科医のための中耳炎診療マニュアル2010を作成しませんか」

国内に中耳炎についての明確な定義、診断分類がないなかで、1999年日本外来小児科学会で「小児科医のための中耳炎診療マニュアル」が検討され、2000年に発表されました。遅れること6年(2006年)、日本耳科学会(耳鼻科の先生方の学会)は「小児急性中耳炎の診療ガイドライン」が発表され、両科の中耳炎に対する診療の差異が明確化されました。従来、日本の医学教育に「鼓膜を診る」という診療はないがしろにされ、耳鼻咽喉科の先生方のみが専門的に診られてこられましたが、1990年代以降、他科(主として小児科)の医師でも比較的簡単に鼓膜を観察できる診察ツールが導入され、感染症としての中耳炎に注目する小児科医達が、診察の一部として鼓膜を診るようになりました。また、中耳炎の原因についても、細菌学的検査はもちろん、ウイルス学的検査(PCR等)も行われるようになり、急性中耳炎におけるウイルスの関与(約70%で検出)が小さくないことが判明し、抗生剤の使用(ウイルスには抗生剤は効果がない)について再考されるようになりました。


今回、日本外来小児科学会で「小児科医のための中耳炎診療マニュアル」の10年ぶりの改定を目的としたワークセッションに参加しました。全国から小児科医17人(私以外は極めて小児中耳炎に造詣の深い先生方)、耳鼻科医2人(中耳炎診療のエキスパート:オブザーバー)が参加して、約3時間の密度の濃い検討会が行われました。最近10年の診察器具の進歩(特に画像ファイリング)を踏まえた中耳炎鼓膜所見の定義共有化、感染症学的データの確認、他の国での中耳炎ガイドライン等を踏まえ、2010年版の改定マニュアルの原案が作られました。

来年には、今回、改定されたマニュアルが公表され、昨年改定された日本耳科学会のガイドラインと比較検討がなされると思いますが、建設的な議論の中で小児科医と耳鼻科医が協力した小児中耳炎診療が構築していければと思いました。


(世界24カ国に中耳炎の診療ガイドラインがあるようですが、やはり診断分類の定義・治療方針も統一されていないようです。たとえば、家庭医制度の発達したオランダでは、急性中耳炎の初期に抗生剤を使用することは一切ないようですが、冬に雪で道が閉ざされるフィンランドでは初期から全員に投与するようです。医療制度、地理的環境など、純粋にサイエンスで解決できない問題もあるようです。)


その他の参加セッション


子供の栄養・温故知新母乳によって育てられた赤ちゃんたちの健全な身体・心の発達がデータで示され、授乳中のお母さんの乳腺炎への対応、授乳中のお母さんへの服薬制限の過剰(抗がん剤、一部の放射性物質薬剤以外は服薬可能)について再認識できました。また、新しい「授乳・離乳食の支援ガイド」(詳細は厚生労働省HP参照下さい)について、要点が示されました。お子さんの発達に合わせた、解り易く大らかな内容になり、忙しいお母さん達にとっても実用的な内容(母乳は欲しがるだけ与えましょう果汁など乳児期前半の離乳準備はいりません離乳○○期などの表記をなくします離乳食量の規定をなくし進め方も穏やかに手づかみ食べも大切です等)に変更されています。


発達障害をめぐって自閉症や注意欠陥多動症候群等の最近の知見が解り易く解説され、療育法の変節や効果について紹介されました。各々の子供を中心とした、長期的な医療、教育、行政のコラボレーションが不可欠であることを改めて痛感しました。


小児の咳そうマネージメントー急性から慢性までー:子供たちの長引く咳の原因、頻度等の総説に続き、小児における咳喘息(聴診所見が正常も、気管支の過敏性や炎症が存在)の比率の多さを実感しました。治療についても、診断的治療(ひとまず喘息治療を開始して、反応性で診断を確認する)の妥当性も確認できました。


蛇足
インフルエンザワクチンの予約受付を開始しています。昨年は、予約開始半日でウエブ予約を閉鎖せざるを得ない殺到ぶりでしたが、今年は2年前の状況に戻っています(殆ど埋まりましたが)。よくある質問ですが、新型インフルエンザ株は、今回のワクチンでは昨年のA型ソ連株の代わりに入っていますので、(A型香港株+B型ブリスベン株)+新型ワクチンを1回の注射で接種できます。
今年も、当院はチメロサール(エチル水銀化合物)を含まないワクチン製剤を使用します。数年前に騒がれた、水銀による自閉症発症の可能性は心配していませんが、接種後の腫脹が少ないことと、環境への水銀排出(水銀は接種後、便中に殆ど排出されます)を減らせるかと考えています。

2010年9月08日
この記事をブックマークへ登録
第20回日本外来小児科学会(福岡)に参加してをはてなブックマークに追加 第20回日本外来小児科学会(福岡)に参加してをYahoo!ブックマークに追加 第20回日本外来小児科学会(福岡)に参加してをSaafブックマークに追加 第20回日本外来小児科学会(福岡)に参加してをBuzzurlに追加