ふじかわきっず通信

新型インフルエンザへの対応について

とうとう箕面市・豊中市・吹田市でも新型インフルエンザの発症が確認されました。


新型インフルエンザといっても、今回のウイルスは弱毒性で、抗インフルエンザ薬(タミフル、リレンザ)が効きます。 通常の季節性インフルエンザと同程度の軽症例が多いようです。

発熱のある患者様は、当院にお電話していただいてから来院をお願いします。


急な発熱があっても慌てず、半日程度はご自宅で様子を観てあげてください。
(もちろん、顔色が悪かったり、ぐったりして水分や食事が取れない場合は早めにご来院ください。)


当院では、38度以上の高熱が出て12時間以上経過している患者様で、 咳・鼻汁・頭痛・倦怠・下痢・嘔吐など のインフルエンザ様症状がある患者様には、できるだけ駐車場の 車内での待機 をお願い致します。


① あらかじめ電話で問診を行います。

② 必要時には、看護師がインフルエンザの検査のため、お車まで伺います。

③ 検査結果は15~20分後、お電話でお知らせします。


kuro-ba-.gif   陰性の場合はクリニックに入室し診察を受けていただきます。


kuro-ba-.gif   陽性の場合は、お車で待機して頂き、車内での診察になります。

現状では、インフルエンザの検査でA型(+)となれば、新型インフルエンザの疑いがあると考えます。
その後の事は、保健所や行政の指示を待ちます。


院内には、  強力な空気清浄機の設置
          グレメリン(ウィルスの感染力をなくす空間除菌剤)の多数設置 
         マスクの無料配布
         すべての方に、入退室時の手指消毒の徹底 
         1~2時間毎に院内のアルコール清掃
                         
                            など院内感染の防止に最大限の配慮を行っています。


皆様も、手洗い、マスク、うがいの励行、体調維持(充分な睡眠、栄養)など感染予防に努力下さい。

また、人ごみを避けて、不要、不急の外出を極力控えることも、有効な感染予防です。


状況の変化に応じて、診療体制を変更していくかもしれませんので、 時々ホームページをご確認下さい。
                                            
                                                    %E9%99%A2%E9%95%B7%EF%BC%91.GIF

2009年5月17日
この記事をブックマークへ登録
新型インフルエンザへの対応についてをはてなブックマークに追加 新型インフルエンザへの対応についてをYahoo!ブックマークに追加 新型インフルエンザへの対応についてをSaafブックマークに追加 新型インフルエンザへの対応についてをBuzzurlに追加